サラリーマンパパの競馬マネーアップ塾

競馬歴9年のアラサーサラリーマン。お小遣い2万のごくごく平凡なサラリーマンパパが競馬を通してマネーアップを目指す奮闘ブログです。主に重賞レースの予想・複勝コロガシ企画も実施してます。

【調査】中央競馬における馬券別の払戻率について

スポンサーリンク

スポンサーリンク

こんばんは🌇

 

馬券には、それぞれ払戻率が

設定されていることをみなさんは知っていますか?

私は、数年前まで知りませんでした(笑)

 

ここ最近、馬券の買い方で悩むことが多いので

ここで改めて、払戻率についてきちんと

認識し直そうと思い、ブログに書くこととしました。

 

馬券の払戻率は70〜80%

馬券を購入すると、各馬券の売り上げ金から

それぞれ設定された控除率分を

差し引かれた分が我々の手元に返ってきます。

 

馬券別の払戻率は以下の通りです。

払戻率

   単勝     →     80%

   複勝     →     80%

   枠連     →     77.5%

   馬連     →     77.5%

   ワイド  →    77.5%

   馬単     →     75%

   3連複   →     75%

   3連単   →     72.5%

   WIN5   →     70%

 

みなさんはこの払戻率を見て

どのような感想を抱いたでしょうか??

 

まず目につく払戻率80%の単複馬券

払戻率だけの観点で見ると、良いですよね!

単複馬券は、その馬を全力で応援すれば良いので

馬やジョッキーへの気持ちも入りやすいですし!

 

個人的に注目したいのは、馬連・ワイドです。

単勝・複勝に比べると若干落ちますが、

高払戻率と言えると思います。

単複馬券に比べるとオッズ的妙味もありますし

この辺りを買う人が多いのも納得です。

 

3連系になると、当てるのが困難な上

払戻率と悪いというのが現況ですね...

まあ当たれば率が悪くても、払戻金額は

多いですけど(笑)

 

控除されたお金は?

払戻率は、わかりましたが、じゃあ控除されたお金は、何に使われているのでしょうか?

 

中央競馬は、地方競馬と違い、国の管轄で

運営され、国から全額出資されています。

 

ですので控除されたお金の内、大半は国への納付金として持っていかれてます(笑)

で、残りのお金でレースの賞金や人件費などが

支払われているようです。

(簡単な説明ですいません...笑)

 

払戻の計算方法

実際の払戻の計算はどのようにされているのでしょうか?

 払戻計算式

  (W+D/P)×R  +A/P

 

はい?これではよくわかりませんよね(笑)

アルファベットの意味を書きます。

 

 W・・・勝馬投票券の総額

 D・・・勝馬以外の投票券総額

 P・・・勝馬の数

 R・・・払戻率

 A・・・WIN5のキャリーオーバー額

 

これでなんとなくわかったような気がしますかね(笑)

 

まとめ

結論的には・・・

当てやすい馬券ほど払戻率も良い

ということになります!

オッズ的妙味は、落ちるかもしれませんが

払戻率という観点からの買い方としては

良いということがわかります‼️

 

やはり私的には

払戻率・的中のしやすさ・オッズ妙味

これらの観点から見てワイド馬券

1番私に合ってると感じました‼️

しかし、3連系の爆発力もやはり捨てがたいので

以前決めた、3連複フォーメーションワイド馬券

レースに応じて使い分けていきたいと思います。

 

ぜひ馬券を買う時の参考にしてみて下さい😆

 

ではまたです🙋‍♂️